柔道整復師になり痛みを癒やす|理想の職業に就き隊

必要とされる資格

腰を診る

TOPページで紹介されている動画でもあったように、柔道整復師の仕事を目指すには資格が必要になります。医療系の仕事にはとくにこの資格が重要視されています。それは人の身体に関わる仕事であることが大きな理由です。
人の身体は複雑に構成されており、今でも分からないことがたくさんあります。柔道整復師や医療、整体や理学療法などの分野において様々な方面から研究されてきたので今では的確な療法が多く提案されています。
そのため、人の身体に対する基本的な知識をもつことはとても重要になってくるのです。柔道整復師は医師のように手術はしませんが、リハビリなどで重要な役割を果たします。しかも現在では接骨院などもスポーツや日常生活において療法の方法として重要視されているので、医師並の技術が必要とされます。

柔道整復師になるための資格は厚生労働大臣が交付しています。これは国家試験となっています。
整体師になるためには特別な指定されている資格を得なければならないわけではありませんが、柔道整復師として活動していくためにはこの国家試験を受けて合格する必要があるのです。
試験の内容としては解剖学と病理学、運動学などの専門分野から出題されます。しかもこの試験を受けるためには三年以上の国が指定した専門学校や大学でこれらの分野を学び、実技を受ける必要があります。
そのため、資格を取得するために専門学校や分野を学ぶことのできる大学を受験する人がほとんどなのです。
特に解剖学などは人間の身体の造りに関することなので、スポーツトレーナーやほねつぎ師になるためには必要不可欠です。