柔道整復師になり痛みを癒やす|理想の職業に就き隊

独立して働く

肩を診る

独立して働くことのできる職業といえば自由な印象を持たれるかもしれません。実際、整体医院や医療施設を開業することで地域医療に貢献する人になれるという社会的な地位も得られるというメリットがあります。独立して活動していると、その分貢献度も高い印象があります。
内科や外科などの医療施設は開業しているところも多いですが、柔道整復師も独立して開業できる可能性が高い職業の一つです。しかも柔道整復師であれば整体医院や接骨院だけでなく、スポーツトレーナーとしての仕事の幅もあるのです。
いろんな働き方があり、ある企業に勤めるということも仕事の一つではありますが、独立して働き、地域に貢献できる働きを独自で進めていけるというのも働く目標の一つとなります。

柔道整復師であれば理学療法や解剖学なども学んでいるので、医療の深いところまで関わっていくことができます。しかも近年では高齢化も進んでいるため、医療機関以外の民間医療の需要も増えているといわれています。
実際、60歳以上の患者さんが占める割合は接骨院の通院患者の割合全体と比べるとなんと60%以上という調査結果が出ています。そのため、独立開業を考えている人は今が一番良い時期であると捉えられるのです。
高齢化社会によって接骨や整体の仕事が求められることが急増しているので、その患者をターゲットにした特別なケアを用意すれば、より患者数を得ることができます。
医療施設といってもビジネスなので、こういった試算を出すことは大事だといえます。柔道整復師として独立したいなら、病院や整体医院などでしっかりとした技術を学んで、夢を叶えましょう。